« 読書の冬? | トップページ | 感動しましたよぉ~。 »

東山魁夷

小学校の国語の教科書の中に、東山魁夷画伯の「道」がありました。

小学生ながら、あの絵には何かいろいろな意味を感じたものです。

それ以来、ずっと尊敬している一人が東山魁夷画伯です。

絵ももちろんですが、生き方がとても謙虚でいらして、

人間は生かされている、という画伯の想いがとても心に響いています。

長野にある東山魁夷美術館は、長野オリンピックが開催された年に訪れました。

そしてやっと念願叶い、住まいのあった市川下総中山に完成した

市川東山魁夷記念館を訪れました。

1 この近辺には、お屋敷も多く静かな環境です。

とても落ち着いたところに、この美術館はありました。

「日本画家東山魁夷」というイメージがありますが、この佇まい

Photoは北欧を旅してたくさんのスケッチを描かれた「東山魁夷」の

イメージでした。こじんまりしていますが、とても落ち着きます。

そして、この近くには日蓮宗大本山の中山法華経寺もあり、

境内の五重塔がすばらしいのです!

Photo_2 丁度夕方でしたので、さらに五重塔が素敵な色にみえました。

東山魁夷も、こちらの境内にはスケッチをしによくいらしていた

ようです。参道も情緒があり、よかったです。

Photo_3 まさに、「3丁目の夕日」といったところでしょうか。

こういう場所を訪れると、やはりほっとしますね。

|

« 読書の冬? | トップページ | 感動しましたよぉ~。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東山魁夷:

« 読書の冬? | トップページ | 感動しましたよぉ~。 »